総量規制とは|主婦キャッシングmama.com

総量規制について

キャッシングを利用したいと思ったときに、耳にする機会が多い総量規制というワード。
一体総量規制とはどんなものなのか、どんなときに適用されるかなどを考えていきましょう。
キャッシングをする際の基本的な知識となりますので、キャッシング利用を考えている人は総量規制について、ぜひ知っておいてください

 

総量規制とは?

総量規制というのは2010年から使われている法律で、貸金業法での一つです。
キャッシングをする際には、原則として年収の3分の1以内の額しか、借りることができない・貸すことができないという法律です。
借りているお金トータルしての計算になりますから、一つの業者で年収の3分の1ギリギリまで借りてしまえば、他の業者で追加の借入はできません。
全体の借入額で計算をします。もちろん、年収は自己申告ではありません。3分の1の証明としては、収入証明書を提出して現在の年収について知らせる必要もあります。

 

総量規制の意味

 

総量規制にはどんな意味があるのかというと、借りすぎ・貸しすぎにならないようにという予防策です。
無理な借入・貸付はその後返済が滞り、トラブルに発展してしまう可能性もあります。こうしたトラブルを防ぐために、総量規制が設けられているのです。
借りる側にとっても貸す側にとっても、メリットがある法律です。
いくらでも借りられるよりも総量規制があったほうが借りすぎなくて済みますし、貸す側も返済が滞ってしまう心配が少なくなります。
この総量規制があることで安心できるのではないでしょうか。

 

総量規制の例外

 

総量規制はキャッシングに適用されるといいましたが、実は適用されないものもあります。
それは銀行系カードローンです。
貸金業法で定められている法律ですから、銀行系カードローンはそれが適用されないため、総量規制の例外となります。
そのため、年収の3分の1以上でも審査に通過をすれば借り入れができます。
だったら銀行系カードローンの方がいいのでは…と思いますが、消費者金融よりも銀行系カードローンで借りるのは難しいといわれています。
大きな額を貸し出すのですから、その分審査も厳しくなっているからです。

 

年収の3分の1の計算方法

 

借りている額を合算して年収の3分の1以上は借りられないのですが、自動車ローンや住宅ローンは別で計算してくれます。
そのため、純粋にキャッシングで借入する額の限度が3分の1だと思ってください。