専業主婦でもキャッシングできる?|主婦キャッシングmama.com

ズバリ専業主婦でもキャッシングできます!

キャッシングの利用というのは、収入がある人しかできない、と思っていませんか。
でも、専業主婦でも家計のピンチやお小遣いに…どうしてもお金が必要!というときがあるはずです。
収入がない専業主婦でもキャッシングは可能なのか、ご紹介していきます。

 

総量規制に要注意

 

消費者金融には、2010年にできた法律で、総量規制というのが設けられています。年収の3分の1までしか借り入れができない、という決まりがあるのです。
じゃあ年収がなければそもそも借りることができないのか…というと、確かに専業主婦には難しいところがあるかもしれません。
しかし、配偶者の年収があればそれもクリア。配偶者の年収の3分の1までは貸付をしてもらえますので、専業主婦でも消費者金融でお金を借りることはできます。
配偶者に一定の収入があればいいのですから、自らに収入がなくても大丈夫です。
これを配偶者貸付といって、夫婦の収入を合わせてその3分の1まで借りられるようにするというものです。
これを利用するために必要なのは、

  • 妻の本人確認
  • 夫婦であることの証明ができるもの
  • 夫の同意書
  • 収入証明書(夫)

がなくてはなりません。
また、消費者金融の中でも配偶者貸付を行っている業者は数が限られているので、まずはどこで借りられるかを確認してから申込みをしましょう。

 

銀行ローンなら専業主婦も借りられる?

 

専業主婦キャッシング、消費者金融では総量規制があるし、配偶者貸付を利用するとしても夫の同意書まで必要になるから、もっと他に借りられる方法があれば…と思いますよね。
そこでオススメなのが、銀行系のカードローンへの申し込みです。
総量規制が適用されるのは消費者金融だけなので、銀行系カードローンは例外となっています。
そのため、無事に審査を通過できるならば専業主婦だってお金を借りられます。
しかし、こちらも夫には安定した収入があって返済していける見込みがないと貸してはくれません。
また専業主婦というのはどうしても不利に働いてしまうので、借りられる限度額は少なくなるかもしれません。
それでも専業主婦がお金を借りられる少ない手段ですから、キャッシング利用をする際は銀行系カードローンを利用してみてください。
銀行系カードローンは消費者金融よりも金利が安く返済総額も少なくて済むので、専業主婦にもオススメです。